top>> 英語要点>>疑問詞の疑問文

疑問詞の疑問文

whatやhowなどを疑問詞という。
疑問文で疑問詞が使われるときは疑問詞は文頭になる。
疑問詞の疑問文はyes, noで答えることができず、
また、読むときは普通の疑問文と違い文の最後をあげない。


What is this? これは何ですか。
How old is she? 彼女は何歳ですか
Where is my pen? 私のペンはどこにありますか。
When did it start? それはいつ始まりましたか。
How is the curry? カレーはどうですか。
Who is this girl? この女の子はだれですか
Which do you speak at home, English or Portuguese? あなたたちは家で英語とポルトガル語のどちらを話しますか

いろいろな疑問詞

単独で使う疑問詞

how(どう、どうやって) what(何) who(誰) where(どこ) when(いつ) why(なぜ) which(どっち) whose(誰の)


How does he come to school?彼はどうやって学校に来ますか。
What are you doing now? あなたは今、何をしていますか。
What's your favorite subject? あなたのお気に入りの教科は何ですか。
When can you climb Mt. Fuji? あなたたちはいつ富士山にのぼれるのですか
When is your birthday?あなたの誕生日はいつですか。
Who's Aya?アヤというのは誰ですか。
Who's driving? Hiroko is. 誰が運転していますか。 ヒロコです。
Whose is this book? この本はだれのものですか
Which is your favorite, pizza or tacos? あなたのお気に入りは、ピザとタコスのどちらですか。
Why did you visit Kyoto?あなたはなぜ京都を訪れたのですか。


連語の疑問詞

what time(何時) what day(何曜日) how old(何歳) how long(どれくらいの長さ,期間) how often(何回) how much(いくら) how far(どれくらいの距離) how many∼ (いくつ)

上記以外にもwhatやwhichの後ろに名詞がついて連語の疑問詞になる。 
 例) what subject (どの教科) which bus (どのバス)


How many books do you have? あなたは何冊の本を持っていますか。
How long are you going to stay?あなたはどのくらいの間滞在するつもりですか
How much is it? それはいくらですか
What language do they speak? 彼らは何語を話しますか
What time is it? 何時ですか
What day is it today?今日は何曜日ですか。
What subject do you like?あなたはどの教科が好きですか。
Whose bag is this?これは誰のかばんですか。 それは私のものです。

疑問詞の疑問文の語順

疑問詞の疑問文では、疑問詞を文頭に置き、そのうしろは普通の疑問文の語順になる。
Where do you play tennis? 疑問詞 普通の疑問文
ただし、疑問詞が主語になる場合(主語を尋ねる場合)は疑問詞を主語とした肯定文の語順になる。
Who uses this bike? 主語(疑問詞) 述語

What do you have for breakfast? あなたは朝食として何を食べますか
What do you do after school?あなたは放課後何をしますか。 
Who made this cake?だれがこのケーキを作りましたか。
Which bus goes to the Palace Theater?パレス劇場へ行くのはどのバスですか

下線部を尋ねる疑問文のつくりかた

1.主語をたずねる疑問文

主語をたずねる疑問文を作る場合、疑問詞(who, what)を主語の位置に入れて肯定文の語順にする。
※whoやwhatは三人称単数なので現在形のときは一般動詞にsがつく。
例) 下線部を尋ねる疑問文を作る
Ms. Wood teaches English.↓
Who teaches English?

【答え方】 Ms. Wood does. →疑問文で使われているのがuses(一般動詞)なのでdoesで答える。
 ※be動詞が使われていればbe動詞で答える

2.主語以外をたずねる疑問文

まず普通の疑問文を作って、たずねられている部分を疑問詞にして文頭に出す。
例) 下線部を尋ねる疑問文を作る。
Ken plays soccer after school.↓
Does Ken play soccer after school?(普通の疑問文)
When does Ken play soccer?(時を尋ねるのでwhen)

【答え方】 He plays soccer after school? 答えではKenは代名詞のHeにする。

その他注意すること

1.Why∼?に対する答

 一般的にBecause∼(なぜなら)または、To∼(∼するために)を使う。

例文
Why do you study English? あなたはなぜ英語を勉強するのですか。
To talk with foreign people.  外国の人々と話をするため。

2.How many∼?   数をたずねる疑問文

How many 名詞の複数形の3語でひとかたまり

How many books do you have? あなたは本を何冊持っていますか。
→how manyの後ろは必ず名詞の複数形

3.動詞を尋ねる場合

 下線部をたずねる疑問文で動詞に線が引かれている場合、doを動詞に使い、進行形の時はdoingを使う。

Emi reads a book after dinner.  →What does Emi do after dinner? They are playing soccer now.  →What are they doing now?

NEXT
©2006-2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved