English Program for Junior High
top>> 英語要点>>命令文
menu

命令文

命令文にはいくつかの種類があります。「∼しなさい」や「∼するな」だけでなく「∼してください」や「∼しましょう」も命令文のなかまです。そしてすべての命令文に共通しているのは主語がないことです。  

∼しなさい

動詞の原形が文頭になる。
Open the window.  窓を開けなさい。

be動詞の場合は原形Beになる。
Be careful.  気をつけなさい。
Be a good student. 良い生徒になりなさい。


∼するな(否定の命令)

Don'tを文頭につけて Don't +動詞の原形 の形になる。
Don't swim in this river. この川で泳ぐな。

be動詞の文でもDon'tを使う。
Don't be late for school. 学校に遅れるな。


∼してください(依頼)

Pleaseを文頭につけて Please+ 動詞の原形の形になる。

 ※pleaseを文末につけることもある。

Please close the door.  ドアを閉めてください。
Show me your notebook, please.  あなたのノートを見せてください

依頼を表す文にはこのPlease∼のほかに
Can you∼? Will you∼? Could you∼? Would you∼? などがあります。 いずれもPlease∼よりていねいな表現です。


∼しましょう(勧誘)

文頭にLet'sをつけて、 Let's+動詞の原形の形になる。

Let's play tennis. テニスをやりましょう。

 勧誘を表す文にはほかに
Shall we∼?もあります。 Let's + 動詞の原形より丁寧な表現です。

例文
Wash your hands.  手を洗いなさい。
Don't be afraid.  恐れるな。
Let's sing a song.  歌を歌いましょう。
Please help me with my homework.  宿題を手伝ってください。

Topサイトマップリンク集このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved