English Program for Junior High
top>>英語の要点>>be動詞

be動詞

is , am, are をbe動詞といいます。
日本語にすると「〜です。」 「〜いる(ある)。」の2つの意味があり、文の中では述語になります。
文の中での位置は主語の直後です。 主語+be動詞+・・・・.

is am areの使い分け

主語によってis, am, areを使い分けます。 


I am from Tokyo. わたしは東京出身です。
We are from Tokyo. 私たちは東京出身です。
Ken is from Tokyo. ケンは東京出身です。

am を使うのは主語がIの時だけです。 
I am a teacher.
are を使うのは主語がYouのときと、 複数(2人以上)のときです。
You are my friend.  We are happy.
isを使うのは 主語がI, You以外の単数のときです。
Ken is a student.


「〜です。」

1. 主語+be動詞+名詞


I am Hiroshi Tokunaga. わたしは徳永ヒロシです。
You are our teacher. あなたは私たちの先生です。
This is my bike. これは私の自転車です。

2. 主語+be動詞+形容詞


I am happy. わたしは幸せです。
You are kind. あなたは親切です。
Your bike is nice. あなたの自転車はすてきです。


「〜いる。」「〜ある。」

主語+be動詞+場所を表す言葉

I am in Tokyo. わたしは東京にいます。
We are near the station. 私たちは駅の近くにいます。
My book is on the desk. 私の本は机の上にあります。


場所を表す言葉の前には 前置詞がつきます。
 前置詞
  in〜 〜に、〜の中に
  under〜 〜の下に  
  on〜 〜の上に(接して)
  by〜 〜のそばに
  near〜 〜のちかくに    


be動詞の疑問文

be動詞の文を疑問文にするには be動詞を文頭に出します。
普通の文(肯定文) 主語+be動詞+・・・. This is your book.

疑問文  be動詞+主語+・・・? Is this your book?

答え方
Is this your book?   答 Yes, it is./No, it's not.  物が主語のときはitを使う
Are you Ken?  答 Yes, I am./No, I'm not.  youできかれたらIで答える
Is Ken from Tokyo?  答Yes, he is./ No, he's not.  男の人が主語なのでheを使う
※be動詞で聞かれているので be動詞で答える。


be動詞の否定文

be動詞の文を否定文にするには be動詞の直ぐ後ろにnotをいれます。
普通の文(肯定文) 主語+be動詞+・・・ That is our school.
否定文    主語+be動詞+not+・・・ That is not our school.




例文
Ms. Green is our teacher. グリーンさんは私たちの先生です。
This is a big car. これは大きな車です。
Hiroshi is in Gunma. ヒロシは群馬にいます。
I'm from Chiba. 私は千葉出身です。
Are you happy?  Yes, I am. あなたは幸せですか。 はい、幸せです。
Is this your bag? No, it's not. これはあなたのかばんですか。 いいえ、違います。
We are not students. 私たちは生徒ではありません。
That is not a hospital. あれは病院ではありません。

Topサイトマップリンク集このサイトについて
Copyright (C) 2006-2014 SyuwaGakuin All Rights Reserved