English Program for Junior High
top>> 英語要点>>接続詞(that)
menu

接続詞(that)

thatも従属接続詞で「∼ということ」「∼だと」などの意味を表す。
if や when, because と同じく節を導き、接続詞thatの後ろは《主語+述語》となる。
接続詞thatは省略できる。省略しても意味はおなじ。
I know that Emi is from Osaka. → I know Emi is from Osaka.
I'm glad that she helped me. → I'm glad she helped me.

主語 + 動詞 + that

thatの導く節は名詞節で動詞の目的語となる。

I think that Ken is hungry. 動詞 接続詞

よく使う動詞
think(思う)、 know(知っている)、 say(言う)、 hear(「I hear ∼」で∼だそうだ)、 hope(望む)、 believe(信じる)


I think (that) Ken has a good idea. 私はケンが良い考えを持っていると思う。
They know (that) I broke that window. 彼らは私があの窓を壊したことを知っている。
Mike said (that) Emi was sick. マイクは、エミが病気だと言った。
I hear (that) Ken is good at tennis. ケンはテニスが得意だそうです。
My father hopes (that) I will be a teacher. 父は私が教師になることを望んでいる。
I believe (that) you will come. 私はあなたが来ることを信じています。

I don't think that 「∼ではないと思う」
「∼ではないと思う」という文を作る場合、taht節の中で否定せず、I don't think (that) ∼ とする。


I don't think (that) Tom can swim. 私はトムは泳げないと思う。 I don't think (that) it will be sunny tomorrow. 私は明日晴れないと思う。

主語 + be動詞 + 形容詞 + that

that節が形容詞のうしろに置かれることもある

よく使う形容詞
glad(うれしい)、  sorry(気の毒だ、残念に思う)、 afraid(∼ではないかと心配する)、 sure(∼だと確信する)


I'm sorry (that) you are sick. あなたが病気でお気の毒です。
I was glad (that) you came here. あなたがここに来てくれてうれしかった。
I'm afraid (that) it will be rainy tomorrow. 明日雨になるのではないかと心配です。
I'm sure (that) Yuki will help me. 私はユキが手伝ってくれることを確信しています。

 

Topサイトマップリンク集このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved