English Program for Junior High
menu

can

canは動詞の原形とセットで使い、動詞に「できる」の意味を付け加える。

肯定文

語順
主語 + can + 動詞の原形 + ・・・.  ※canの後ろは動詞の原形

普通の文をcanの文にする。
Mark plays tennis well.↓
Mark can play tennis well.
主語がMarkでもcanの後ろは動詞の原形なのでsはつかない。


I can play the piano.  私はピアノを弾くことができる。
Mike can write kanji.  マイクは漢字を書くことができる。
We can swim in the sea.  私たちは海で泳ぐことができる。

疑問文

語順
Can + 主語 + 動詞の原形 + ・・・?  →Canを文頭に出す。

Emi can speak English.  (肯定文)
Can Emi speak English?  (疑問文)

疑問文に対する答
Can Emi spaek English?
→Yes, she can./ No, she can't.
can, can'tを使って答える。 答では主語は代名詞。


Can Mike play the guitar? No, he can't.
 マイクはギターを弾けますか。  いいえ、弾けません。

Can they ride on the boat? Yes, they can.
 彼らはボートに乗れますか。  はい、乗れます。

否定文

語順
主語 + cannot(can't) + 動詞の原形 + ・・・.  →cannot(can't)を使う

Tom can make lunch. (肯定文)
Tom cannot(can't) make lunch.(否定文)


We can't watch TV. 私たちはテレビを見ることができない。
Ken cannot get up early. ケンは早く起きることができない。

Can I ∼?

相手に許可を求める。 「∼してもいいですか。」の意味


Can I use this pen? このペンを使ってもいいですか。
答 許可する時  Sure.(またはOK. Of course.)
  許可しない時  I'm sorry.(←このあとに理由)

Can you ∼?

相手に何か依頼する。 「∼してくれませんか。」の意味


Can you help me with my homework?  私の宿題を手伝ってくれませんか。
答 依頼を受ける場合  Sure. (またはOK. Ofcourse.)
  拒否するとき  I'm sorry.(←このあとに理由)

Can you ∼?で依頼するのは Please+命令文 より丁寧な言い方である。

Topサイトマップリンク集このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved